スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←俺のラーメン一本道【第三話~麺屋 双~】 →俺のラーメン一本道【第四話~仕事の厳しさと悔しさ~】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【俺のラーメン一本道【第三話~麺屋 双~】】へ
  • 【俺のラーメン一本道【第四話~仕事の厳しさと悔しさ~】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

イクツカノ不思議ナ話~短編読みきり~

輪廻と転生と

 ←俺のラーメン一本道【第三話~麺屋 双~】 →俺のラーメン一本道【第四話~仕事の厳しさと悔しさ~】
※多少グロテスクや残酷な描写が含まれています苦手な方は見ないでください。








輪廻…

という言葉をご存知ですか?


人が何度も転生し、また動物なども含めた生類に生まれ変わること…


不死身にも近いようなこの言葉


現実世界ではあまり考えられない物ですが、
現実世界の中で唯一何でも可能にする世界がありました。


それは…




そう…


夢の世界…




この話はとある青年の夢の話

















「俺はとある会社で働く普通の会社員の富樫勝間(とがしかつま)24歳。
 だが、俺には技があった。


 いつでも好きなときに自分の魂を再生させる力だ!


 
 たとえばそう、敵の基地に潜入して殺されたとしても
 すぐに違う体でよみがえることができる。
 夢のような能力だ…


 そして今日も俺は敵の基地に潜入調査で今まさに…!!」





「つ…ま」


突然あたりに響く声




「なんだ!?誰の声だ!?」




「か…つま…」





「俺を…よんでるのか…?」





「勝間ぁ!!!!」 






俺は目を覚ます


小さな部屋のベッドの上
時刻は7時、俺がふと横を見るとものすごい形相で母が立っていた



「あんた何時まで寝てる気なの!!」



母が怒鳴る



「あ、夢か…」


俺は体を起こして言った

「わりぃ…もういま朝飯食いに行くよ」



(もうこんな時間か…仕事だ…)





俺は仕事の支度を始める




そう、そんな能力は現実にあるわけがない。
俺は普通の人間だ。

毎日仕事で嫌な上司に文句言われながら耐えてすごす日々…

ストレスもたまっちゃうよな…

いつかあんなストレス発散みたいなことしてみたいもんだな…




俺は着替え終わるとキッチンへ向かって朝食をとりいつも通り職場へ向かった







職場


「富樫!!!!!何なんだこれは!!!!」



会社の事務所内に響き渡る大声…



部長だ…




部長の説教は無駄に長い。



いつもこんな感じ…




がんばっては怒鳴られての繰り返し



本当つまんない人生だぜ…





俺は部長の説教を聞き流し
適当に仕事を済ませて今日も一日無事(?)に終えた




今日は残業で帰りは終電…


酷いもんだよ。ミスがあったから残った仕事全部俺にまかせやがった。

ほかの社員も俺を見てクスクス笑うだけ…
声すらかけてくれねえ…



俺はイライラしながらも電車に乗った…





「次は~○○駅~」




いつもなら静かなはずの電車内…


今日は違った。

終電ともあって結構混んでてマナーの悪い人間が多かった



普通に電話してる奴


音楽ジャカジャカうるさい奴


酔っ払い…さらに車内で酒飲んでるやつ…





クズだろ…

なんでこう人間ってクズしかいねえんだ…



こっちの身になれってんだ…






俺はストレスもたまってるせいか、
人に対して異常な憎しみを覚えるようになっていた…





ぶっ殺してやりたいわ…





その時、俺に何者かが声をかけた



「勝間…やっちゃえよ…」


悪魔のささやきのような声…
姿は見えない…



「こいつ!!脳内に直接話しかけてきやがる!?誰だ!?」


「俺はお前の心の中の正義だよ…ほら、やっちまえ…」



「やっちまえって何をだよ…?」

俺は心の中で会話をする




「周りのマナーのなってない人間だよ…
 こいつらは魔王デスガラーヴァによって心を支配されている。
 殺さないとだめだ…」




…?何言ってる?こいつ…

「殺すって…いったいどうやって…そんな事して俺は捕まりたくないぜ」




「何言ってんだ…お前の持ってる聖剣ラグラスで粉々にしてしまえ
 捕まる事もない、もし捕らえられそうになったなら
 その聖剣で自害しろ…」


「聖剣!?何言ってんだ!?」


ふと手元を見ると俺は輝く大きい剣を持っていた…

「もってる!?…てかちょっと待て!!自害って!!死にたくねえよ俺!!」


すると悪魔はあきれたように

「…お前…自分の能力を忘れたのか?
 お前は死んでもすぐに生き返られる…」



そうだ…忘れていた…

俺は再生が可能なんだ!!この能力を駆使すればそんなこともできるのか!!

今まで気づかなかった!!!




…やろう…


俺は聖剣を強く握ると光の速さで振り回した…



この忌々しい魔王の手に落ちた人間共め…!!!

俺が…!!!!



人々倒れ悲鳴を上げる。



すると駅員が駆けつける



「お前!!なにをしている!!!!」





見つかったか…どうやら私もここまでのようだな…!!

今日はこの辺にしといてやる。



私は聖剣で電車を破壊し外へ飛び出し。
自分の体を聖剣で一突き…


すると…光が私を包んでいき…


さあ、再生のときだ…












「お客さん!!!!終点ですよ!!!」







…!!!



しまった!!!!どっからか知らんが夢だった!!!!



どうやら俺は帰りの電車で寝てしまったらしい…





迂闊だった…



厨二病のせいで寝過ごし無駄金(タクシー代)を使うことになってしまった…





俺は駅から出てタクシーを拾って家に帰ることにした。




俺は帰りのタクシーの中で色々考えた



(でも確かに、死んで生き返れる能力があったら…
 戦争とかでも無敵だし、気に入らない犯罪者を片っ端から殺して自殺すれば
 平和になりそう…自殺してもすぐ転生できるから警察に追われることもないし
 うーむ…理想的な能力だ)




俺は家に着いて飯を食って風呂に入ってから布団に入った



ずっとその事を考えていたせいかまた俺は夢を見た
犯罪者を倒すハンターとなって警察に見つかったら自害して転生の繰り返し



その夢を見て迎えた朝はなぜか清々しかった。




おかげで仕事もなんだか調子がよくて成功が続いた。


そんなある日の昼。
俺は昼飯を食いに近くの食堂に行った


この食堂は休憩中によく来る食堂で長居しても文句を言われない


「おばちゃん!レバニラ定食!」


俺は休憩をここでゆっくりすごすことにした。




まもなくしてレバニラ定食が俺の前に来る。





「今日未明、飲食店に刃物を持った男が侵入し…」


店内にはラジオでニュースが流れている





物騒な世の中だな…

俺はそう思いながら定食を食べた



食べ終わって俺がウトウトしてしばらくしたときだった




「何するんですか!!」



おばちゃんの声が聞こえて目を覚ます。


カウンターの方を見ると数人の男が刃物をもって店内に乗り込んできた…




まさかこんな状況になろうとは…!!




「おい!!!かねだせ!!!」


強盗らしき男がおばちゃんに刃物を向ける



くっそ!!!このままじゃおばちゃんが!!

「勝間…やるんだ…」

いつかの心の正義の声…



おう!わかった!!

「おばちゃん今助けるぞ!!」

そういうと俺は近くにあった花瓶を手に取り
後ろから男を思いっきり殴った


男は血を流して倒れこむ



確認できたのはあと2人。

俺に殴りかかってくる。


俺は完全に相手の動きを読んで、かわしながら倒れた男のナイフを手にとって
残りの2人をメッタ刺しにした。



「大丈夫かいおばちゃん…」


俺が言うとおばちゃんは驚いた顔で言う


「あんた!こんなことしたら警察に捕まってしまうよ…!」


大丈夫だよ…おばちゃん…


「心配すんなって!じゃあな!」



俺は外に出ると警察にかぎつけられる前に持っていたナイフで自分の腹を刺した


「っ!!いってえ!!!」

激痛が走ると俺は光につつまれていき…



新しい体に…







「お兄ちゃん!おきて!」




おばちゃんの声でおれは目が覚める。



しまった…俺は完全に熟睡してたようだ…



時計を見るととっくに休憩時間を過ぎていた。



「まず!!!」


俺は急いで席を立つと金を払って会社に走った



うちの会社は4階にあってエレベーターがまさかの故障中で
階段を使ってダッシュで事務所まで向かった。




が、しかし当然俺は部長にどやされた
また残業だ…周りの奴らも見て見ぬふり…



なんて最低な世の中だ…





まだ救いで明日は休みだ…


ゆっくり昼間でねむって、疲れを取ろう…





そして迎えた翌日の朝…


突然携帯電話が鳴る。



部長からだった。

「もしもし?」


俺は寝ぼけながらも電話に出た


「富樫か?○○君が急用で休むことになったお前が来い」


「え!?なんで!?僕今日休みですよ!?」


「やかましい!昨日休憩中にうんと寝ただろうが!いいか!!絶対こいよ!」


ブツッ…ツーツー






俺は寝ぼけながらも相当腹が立った…



なんでだ?


これは…許されるのか?




俺はしょうがなく会社に向かうことにした…



本当…俺も会社の犬だよな…





事務所につく…せっかく休みだと思っていたのに…




事務所に入ると部長と同僚が1人いた

「おはようございます」


俺が不機嫌そうに言うと部長はこういう

「面白くなさそうだな?当然だろ?お前が昨日寝ている間皆がんばったんだ。
 今日はお前がやる番だ。」


すると同僚はクスクス笑い出す。



続けて部長が言う

「ま、どうせお前のことだから休んだ○○君の代わりなんかできないだろうがな
 いないよりはマシだ。せいぜい時間かけて0,5人分の仕事でもこなしておけ」




この言葉に俺はカチンと来た。


「勝間やれ…すべては転生することでもみ消される」


俺は憎しみだけで人を殺すのは多少躊躇したが、心の中の正義の声で決意し、
目の前にあった厚いガラスの灰皿を手に取り俺は思い切り部長の頭を殴った

「ぐわぁ!!!」


デスクから転げ落ちる部長俺は気のすむまで殴った

数秒後部長は動かなくなった…



ざまあみろ…


俺を馬鹿にするからこうなるんだ…



「ひぃぃ…」

後ろで同僚が腰を抜かしてる。

俺をさんざん笑ったお前も同罪だ…!!!


俺は同僚も灰皿で殴り殺した。





いい気味だ…





すると後ろのキッチンの方から声が聞こえてきた



「ひ、人殺しです!すぐ○○にきてください!!」



別の同僚だ。

この状況を見て警察に電話したようだ。


むだだよ…俺は捕まらない。


俺はそいつめがけて灰皿を投げつけもがいてる所を
キッチンにあった果物ナイフで…そいつも…




返り血だらけになった俺は静かになった事務所でボーっとたっていた。




「警察が…もうくるな…捕まったら自殺できない…!」



警察に見つかる前に転生してしまおう…


俺は窓を開けて4階の事務所から飛び降りた。



地面に思い切りぶつかる



「いってえ!!!!」

激痛が走る



すると俺は光につつまれ、転生が始まる…




































まだ…?




まだ転生は始まらない…死ねてないのか…?


いや…間違いない…







血は流れ激痛だけが残ってる…


死ねたはず…







かつてない痛みだった






徐々に意識も遠のいていく…











痛い…





頭が痛い…








早く…






転生を…










遠くからパトカーと救急車の音が聞こえて…






きた…









助け…








































夢と現実の区別がつかなくなるのって…怖いですよね?




【輪廻と転生と…】~END~
スポンサーサイト


  • 【俺のラーメン一本道【第三話~麺屋 双~】】へ
  • 【俺のラーメン一本道【第四話~仕事の厳しさと悔しさ~】】へ

~ Comment ~

NoTitle

ラストこわぁぁぁ!
今までの話とはかなりテイスト違いますね…

でも、どちらもおもしろくって好きですよ♪

Twitterから来ました!

厨二いいですねw
面白かったです!
ラストの言葉・・・まさにそのとおりだなぁ・・・((^_^;)
怖い怖い:(;゙゚'ω゚'):

すごく怖い話です…>_<…

でもなんか引き込まれる

NoTitle

すっごく面白かったです!!
なんかとっても引き込まれました!
ちょっと怖かったけどこういうのもいいですね!
次回も楽しみにしてます!

こうゆう感じの話すごい好きです(((o(*゚▽゚*)o)))
面白かったなー:*:・(*´ω`pq゛
次回作も期待してます!

Re: NoTitle

ありがとうございました!こういうのが実はすきなんですwww

> ラストこわぁぁぁ!
> 今までの話とはかなりテイスト違いますね…
>
> でも、どちらもおもしろくって好きですよ♪

Re: Twitterから来ました!

こわいですよねwwこんなことになったらww
ありがとうございました!!

> 厨二いいですねw
> 面白かったです!
> ラストの言葉・・・まさにそのとおりだなぁ・・・((^_^;)
> 怖い怖い:(;゙゚'ω゚'):

Re: タイトルなし

実際にあったら本当怖いですよねwwwありがとうございました!!

> すごく怖い話です…>_<…
>
> でもなんか引き込まれる

Re: NoTitle

こういうかきかたすきなんでスwww実はwww
ありがとうございました!!またよんでください!!

> すっごく面白かったです!!
> なんかとっても引き込まれました!
> ちょっと怖かったけどこういうのもいいですね!
> 次回も楽しみにしてます!

Re: タイトルなし

ありがとうございますwwまたみてやってください!!

> こうゆう感じの話すごい好きです(((o(*゚▽゚*)o)))
> 面白かったなー:*:・(*´ω`pq゛
> 次回作も期待してます!

やばいです!世界観に完璧に飲まれました…!!

それからレバニラ定食でww思わずツボってしまったww

NoTitle

ラストが少し怖かったです!こういう話めっちゃ好きです^^

NoTitle

世にも奇妙な物語にありそうなお話で面白かったっすー

あー、あたしも何か書いてみようかしらねぇ


うん、週刊ストーリーランドの老婆絡みの話とかも出来んじゃね?とも思いました

Twitterから来ました

マトリ○クス?w
面白かったです!
自分も昔に空を飛ぶ夢を見た後に、俺は空を飛べる!と思い
ぴょんぴょん跳ねても飛べずにかなりへこんだ記憶がありますw

次の作品が見たいです!

Re: タイトルなし

そこでつぼるんですかwwwありがとうございました!!

> やばいです!世界観に完璧に飲まれました…!!
>
> それからレバニラ定食でww思わずツボってしまったww

Re: NoTitle

引き立てるようにこういう演出にしました!!ありがとうございました!

> ラストが少し怖かったです!こういう話めっちゃ好きです^^

Re: NoTitle

描いてみてくださいよwwぜひwwwありがとうございました!

> 世にも奇妙な物語にありそうなお話で面白かったっすー
>
> あー、あたしも何か書いてみようかしらねぇ
>
>
> うん、週刊ストーリーランドの老婆絡みの話とかも出来んじゃね?とも思いました

Re: Twitterから来ました

ありがとうございます!!
かわいい子供時代wwwwまた見てやってください!!!

> マトリ○クス?w
> 面白かったです!
> 自分も昔に空を飛ぶ夢を見た後に、俺は空を飛べる!と思い
> ぴょんぴょん跳ねても飛べずにかなりへこんだ記憶がありますw
>
> 次の作品が見たいです!

ラーメン一本道も楽しみですけど 読み切りも読んでて楽しかったです

面白かったです。
厨二病もここまでくると怖いですね( ゚д゚)

NoTitle

すごく引き込まれました・・・!
ホントに、現実と区別つかなくなったら怖いですよねww

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

> ラーメン一本道も楽しみですけど 読み切りも読んでて楽しかったです

ありがとうございます!!またかきますので!!!

Re: タイトルなし

> 面白かったです。
> 厨二病もここまでくると怖いですね( ゚д゚)

なんでも行き過ぎは注意ですねwwありがとうございました!

Re: NoTitle

> すごく引き込まれました・・・!
> ホントに、現実と区別つかなくなったら怖いですよねww

こわいです><ありがとうございますた!!

Re: 長文失礼しますm(__)m

> 一般の小説とはちょっと違った形だなと思いましたが、どれも読みやすくストーリーが面白かったです!読んでるうちに続きが気になり、最終的に結末が良い意味で裏切られて読んでてとても楽しかったです(*´ω`*)普段あまり小説(というか活字)を読みませんが次回作も楽しみにしてます。
> ラーメン屋の話(1~3)も含め読んだ感想でした。

ありがとうございます!!
小説というよりは「SS」と表現したほうがいいかもしてませんね!
まあ感じ方は人それぞれなのでw長文感謝です!また書いたら見に来てやってください!

Re: うひャああ!!

> おはこんばんにちは!(☝ ՞۝՞)☝
> 私です!ひなたです!うひャうひャうひャw
> しい兄の書く小説だからネタ系だと思ったら結構シリアスで怖かったd(゚∀゚。)デスwwwww
> これからもコメントしていきますゆえ、頑張って下さいー!w

ネタ系からシリアス系までなんでも書きますよwww
ありがとうございますw遅くなりますがちゃんと返信しますのでwwまた来てやってくださいw

Re: タイトルなし

> 暇つぶしで読んだはずがめっさ怖いですやん(
> でも俺もこういう事あったなwwwや、こんなグロくないですけど←
> tk詩人さんてやっぱ文才がすごいですね

ありがとうございますwwまた見に来てやってくださいwww

Re: Twitterから来ました!

> すごい!めっちゃ面白かった!見入ってしまいましたw
> 私はまだ中一なのですが 現実って怖いな って思いましたw
> たぶん私は中二病になりそうだし、上下関係とか嫌いなので社会にでたら勝間さんと同じようになっていたかもしれませんw
> 現実と夢が区別できないのも怖いけど、彼をそんな風にさせてしまった現実も怖いなと改めて思いましたw 本当にすごいです!!

ありがとうございました!!
行き過ぎもなんだかんだ怖いですよねw
現実と夢が区別つかなくなってしまうと何も見分けがつきませんからね><

おぉ〜!

Twitterでお世話になってます‼︎
凄いですね、最後また転生するのかーって思ったらせずに終わって、えっと、もう、詩人さん才能いっぱいあって羨ましいです。
これからも、動画とか、小説とか頑張って下さい‼︎(≧∇≦)

おおおおおお!!!

厨二病ですか~。
…にしても、寝すぎでしょ、この人www
って、ちょいちょいツッコミながら読んでたんですけど、
むっちゃ楽しかったです!!!
しい兄の魅力が滲み出てる小説って感じでした**
ラーメンの方の続編、期待して待ってます!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふおおおお!

Twitterでお世話になっているものです!
この話、凄く好きです!流石っすね!w太字の文

最後までどうなるのかな...というわくわくでおもしろかったです!最後に少しぞっとしました笑

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: おぉ〜!

> Twitterでお世話になってます‼︎
> 凄いですね、最後また転生するのかーって思ったらせずに終わって、えっと、もう、詩人さん才能いっぱいあって羨ましいです。
> これからも、動画とか、小説とか頑張って下さい‼︎(≧∇≦)

ありがとうございます!!叉着ていただけたら嬉しいです!!!

Re: おおおおおお!!!

> 厨二病ですか~。
> …にしても、寝すぎでしょ、この人www
> って、ちょいちょいツッコミながら読んでたんですけど、
> むっちゃ楽しかったです!!!
> しい兄の魅力が滲み出てる小説って感じでした**
> ラーメンの方の続編、期待して待ってます!!!


ありがとうございます!疲れた社会人は良く寝るものですww
叉みてやってください!

Re: NoTitle

> おおおお…いろいろ考えさせられる内容ですね…
> 僕も小説を書いているのですが、こんな小説が書いてみたい…
>
> 参考になります。
>
> オリジナル小説久しぶりに読んだ•∩(´∀`)∩♪

ありがとうございます!!!よかったらまた見に来て上げて下さいw

Re: ふおおおお!

> Twitterでお世話になっているものです!
> この話、凄く好きです!流石っすね!w太字の文

ありがとうございます!!またツイッターでも宜しくお願い思案す!!

Re: タイトルなし

> 最後までどうなるのかな...というわくわくでおもしろかったです!最後に少しぞっとしました笑

ありがとうございます!!またお願いします!!

Re: 面白かったです!

> 初めて拝見させていただきました!
> 私も夢と現実がごちゃごちゃに
> なることよくありますw

ごちゃごちゃになりすぎるのは恐いですよね><ありがとうございます!!

Re: タイトルなし

> 本当にあった怖い話に出てきそうでいいですね:(;゙゚'ω゚'):
>
> 文才ほしいです(´-ω-`)

ありがとうございました!!!

すごいです!

すごく良くできていますね!!
詩人さんの小説は初めてよみましたがここまでとは…!!!

うぁぁぁぁぁ!!!!怖っ!

うあああああ…最後…うああああ…((夢と現実の区別がつかないのは怖いですね…怖いけど面白かったです!これからも頑張って下さい!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【俺のラーメン一本道【第三話~麺屋 双~】】へ
  • 【俺のラーメン一本道【第四話~仕事の厳しさと悔しさ~】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。